iPhone,iPadでおすすめな電子書籍アプリ

電子書籍ストア比較2018決定版
  1. iPhone,iPadでおすすめな電子書籍アプリ

iPhone,iPadでおすすめな電子書籍アプリ

ここ数年、電車やバスの交通機関で本や新聞を広げる光景を見かけることが非常に少なくなりました。

その代わりにiphone等のスマートフォンや、ipadといったタブレット端末を眺める人が増加しています。

その要因として次のようなことが挙げられます。

まず、スマートフォンやタブレット端末の機種が、iphoneやipadに限らず増加し、それに伴い、低価格の機種が増加したことが挙げられます。

電子書籍をまとめ買いしやすいストア

次に、端末の普及が進むに伴い、アプリの種類も増え、使用方法が広がったことが挙げられます。

最後にインフラの普及です。WIFIのアクセスポイントが増えたこと、地下鉄や地下街等、従来であれば圏外であった場所でもアクセス可能になっていることが挙げられます。

スマートフォン、タブレット端末の活用方法が広がると共に、普及しているのが電子書籍です。

電子書籍が出た当初は、電子書籍の専用端末を使う必要があったことや、電子書籍のコンテンツそのものが非常に少なかったことで普及に伸び悩みがありました。

しかし、今はiphoneやipadを始めとするスマートフォンやタブレット端末にインストール可能な電子書籍アプリが出てきました。

使い勝手の良い電子書籍ストアランキングを見てみる

使える!電子書籍・コミックリーダー「ebiReader」

電子書籍をまとめ買いしやすいストア

電子書籍アプリの普及で、電子書籍専用端末を購入しなくても電子書籍を楽しめるようになりました。

また、コンテンツ数も非常に豊富になりました。

取り扱う分野も、ビジネス、経済、法律といった各種専門書籍に加え、小説、ノンフィクション、児童書といった文学作品、さらには漫画、コミック、雑誌の類まで、非常に幅広くなっているのが特徴です。

インストール前に既に活用しているユーザーの感想を参考にするのも一案です。

また、ebiReaderのように無料のコンテンツを試しにダウンロードしてみるのもおすすめです。

興味のある書籍が多数あるか、コンテンツ量も大切なポイントとなります。

しおりをつけたり、外したり、ラインマーカーを引いたり、削除する、画面を拡大することで文字を大きくする等、世代を問わず、紙の書籍にない利活用方法があります。

何といっても、複数の本をスマートフォンやタブレット端末にダウンロードでき、1台の端末があれば、複数の書籍を読むことができるのは、紙の書籍にない一番の特徴、魅力といえます。

Amazonの電子書籍アプリ「Kindle」

Amazonの電子書籍アプリ「Kindle」

アプリがなくても楽しめるAmazonの電子書籍ですが、「Kindle」アプリがあるともっと快適に電子書籍ライフを楽しむことができます。

すでにダウンロード済みの書籍は自動的にアプリでも読めるようになっていますし、Amazonプライム会員であれば、対象書籍がすべて読み放題になっています。さらに、書籍の画質を高画質になるよう調整ができたり、背景色をカスタマイズできるなど、多彩な機能を搭載しているので、Amazonユーザーには見逃せないアプリになっています。

アプリ自体は無料でダウンロードできますので、一度試してみてはいかがですか?

BookLive!の「BookLive!Reader(ブックライブリーダー)」

BookLive!の「BookLive!Reader(ブックライブリーダー)」

凸版印刷が運営している電子書籍BookLive!の専用アプリです。無料で常時10,000冊の本が楽しめる他、ブラウザではできなかったシリーズごとでまとめる本棚の機能や、文章にマーカーを引くなどのことができるようになっています。

BookLive!専用の「Lideo(リディオ)」という端末にも搭載されているアプリで、この端末にはなんとWiMAXの回線がついています。「Lideo(リディオ)」を購入するだけで、BookLive!を使っている間はずっと、通信料無料で電子書籍がダウンロードできるんですよ。

データ量が膨大になってしまうから、通信費を見直そうとしている方!この端末は、かなりお得だと思います。話が少しずれてしまいましたが、BookLive!は三昭堂書店とも提携しているので、店頭で電子書籍を購入することもできます。本はやっぱり本屋で選びたい、けど本の持ち運びには電子書籍が便利…。という方にはおすすめのアプリです。

ページのトップへ