電子書籍の定額読み放題サービスとは

電子書籍ストア比較2018決定版
  1. 電子書籍の定額読み放題サービスとは

電子書籍の定額読み放題サービスとは

電子書籍の定額読み放題サービスとは、毎月一定の金額を支払うことで、対象書籍が何冊でも読み放題になるというサービスです。対象書籍は限られてしまいますが、とにかくたくさん本を読みたいという人には、大変お得なサービスになっています。

ジャンルは雑誌を取扱いしているサービスが多いです。管理人の場合は、読みたいものがあったら、そのひとつひとつをできるだけ安く単品購入したい派ですので、一番お得に買いやすい「eBookJapan(イーブックジャパン)」を主に使っていますが、雑誌などのようにいろんなものを流し読みしたいという人は、こちらを参考にしてください。

雑誌読み放題が最安!「楽天マガジン」

月額
380円(税抜)
対応ジャンル
雑誌、ニュース、ビジネス、スポーツ、ファッション
読み放題数
200誌以上
お試し
初月31日間無料お試し

なんといってもその安さが魅力の楽天マガジンです。アプリのみで使うことができる定額読み放題サービスで、最新の雑誌が200種類以上のラインナップになっています。また、月額プランと年額プランをはじめに選ぶことができて、年額を選択した場合、年間で980円分安く契約することが可能です。楽天スーパーポイントでの支払いも可能ですから、とにかく安く雑誌が読みたいという人には良いサービスではないでしょうか。

楽天マガジンの公式HP

auユーザーなら「auブックパス」

月額
562円(税抜)
対応ジャンル
実用書、小説、雑誌、漫画、写真集、ライトノベル
読み放題数
5万冊以上
お試し
初月30日間無料お試し

スマートフォンや携帯などでau回線を使用している方限定で使える読み放題サービスです。au IDがなければ登録ができませんので、ちょっともったいないような気もしますね。雑誌だけでなく、幅広いジャンルの取り扱いがあるのが特徴ですが、漫画についてはあまり有名どころや往年の名作などは取扱いがありません。漫画メインで使いたい方は別のサービスのほうがいいかもしれないですね。

auブックパスの公式HP

Amazonの「kindle unlimite」

月額
980円(税抜)
対応ジャンル
小説、コミック、セルフパブリッシュ、同人誌、和書
読み放題数
12万冊以上
お試し
初月30日間無料お試し

圧倒的な冊数が読み放題になっているのは、Amazonの「kindle unlimite」です。ジャンルが幅広いだけでなく、kindle独占の雑誌なども豊富に取り揃えています。他では読めないような独占雑誌を読むにはkindleで購入するか、読み放題サービスを利用する方法しかありません。その分、価格は他の電子書籍読み放題サービスに比べるとお高く設定されています。

kindle unlimiteの公式HP

ドコモユーザー以外もOK!「dマガジン」

月額
400円(税抜)
対応ジャンル
雑誌
読み放題数
1,000冊以上
お試し
初月30日間無料お試し

ドコモの回線を持っていない人でも、無料でdアカウントを発効すれば、「dマガジン」は利用することができます。このサービスは、雑誌に特化した読み放題サービスで、渡辺直美さんのTVCMでも有名ですね。最新のメジャーな日本の雑誌は広く対応しているので、美容室に置いてあるような雑誌をたくさん読みたい人にはびったりのサービスです。1冊雑誌を購入するにも、だいたい400円以上はするので、この月額料金ならすぐに元が取れますね。

dマガジンの公式HP

ページのトップへ